競馬G1「高松宮記念(3月)」の全容

競馬予想G1「高松宮記念(3月)」の全容

高松宮記念とは、日本中央競馬会(以下、JRA)が中京競馬場の芝コース1200メートルで施行するG1競走で、優勝賞金は9800万円です。

高松宮記念は前身の中京大賞典の創設年が1967年であり、その後、高松宮宣仁親王より優勝杯を下賜された事に伴い1971年より高松宮杯として新設され、中京競馬場の芝コース2000メートルで施行されました。

1996年にJRAの短距離路線が整備されたことに伴い、距離を芝コース1200メートルに短縮した上でG1競走に格上げし、春の短距離王決定戦として衣替えをしました。その後、施行時期を3月末に、競走条件を4歳馬以上の古馬限定に、名称を現在の高松宮記念にそれぞれ改められ、現在に至ります。

そして現在では、国際スプリントシリーズであるグローバルスプリントチャレンジに、秋のスプリンターズステークスとともに組み込まれています。

競走条件はサラブレット系4歳以上の古馬限定であり、優先出走権はトライアルレースの優勝馬、レーティングの上位5頭、外国調教馬、一定の成績を収めた地方競馬所属馬に与えられます。

トライアルレースは阪急杯とオーシャンステークスであり、競走馬の能力を示す指数であるレーティングは毎年1月と8月、世界上位50頭は年5回程度が発表され、その数値を基に出走権が与えられます。

外国調教馬は、前述のグローバルスプリントチャレンジの影響で出走する競走馬がおり、9頭まで優先出走が認められます。地方競馬所属馬は、トライアルレースの阪急杯およびオーシャンステークスで2着以内となるほか、グローバルスプリントチャレンジの対象となる競走で2着以内でも優先出走できます。

レースの予想は、前年末から断続的に開催された影響で芝コースは痛みが激しくなる傾向にあり、天候の悪化に伴う重馬場ではスピードよりパワー勝負となる事もあり、純粋な競走能力だけでは的中は難しいと言えます。