競馬G1「優駿牝馬(オークス)(5月)」の全容

競馬予想G1「優駿牝馬(オークス)(5月)」の全容

優駿牝馬(オークス)とは、日本中央競馬会(以下、JRA)において最も権威のあるクラシック競走の一つであるG1競走です。毎年5月の最終週に開催される日本ダービーの前週に、東京競馬場の芝コース2400メートル、負担重量55キロで施行されており、その優勝賞金は1億円です。

競走条件はサラブレット系3歳牝馬の競走馬のみが出走でき、外国調教馬であっても9頭を限度に優先出走する事ができるほか、地方競馬所属の競走馬も桜花賞、フローラステークス、スイートピーステークスにおいて、それぞれ4着、3着、2着以内、あるいはNHKマイルカップで2着以内、JRAの芝の重賞競走で1着となった競走馬が出走権が与えられます。

創設年は1938年で、英国のオークスに倣って3歳牝馬限定の阪神優駿牝馬として施行されました。同年には英国のセントレジャーに倣って創設された菊花賞が、翌春には英国の2000ギニーと1000ギニーに倣って創設された皐月賞と桜花賞が創設され、1932年に英国のダービーに倣って創設された東京優駿(日本ダービー)を含めて、5つのクラシックレースとなりました。

創設から5年経った1943年から距離が2400メートルに固定され、さらに翌年から東京競馬場での施行されるようになり現在に至ります。また、2010年の同競走では、JRAのG1において史上初となる1着同着(アパパネおよびサンテミリオン)という結果となった事でも有名です。

レースの予想をする上で最も困難なポイントが適性距離の見極めです。牡馬クラシックとは異なり、牝馬クラシック第一弾の桜花賞から800メートルも距離が伸びる事から、後の牝馬クラシック3冠馬や他のG1を複数回優勝し年度代表馬となる競走馬を除けば桜花賞で優勝した競走馬の成績は芳しくありません。

競馬予想で初心者が気をつけるべきこと-

競馬予想を行う上で様々な情報が要となってきます。特に初心者で陥りやすいのが山勘で馬券購入してしまうこと。それをするなら競馬予想サイトの無料情報を使った方がまだ稼げます。しかし、どの競馬予想サイトがいいのか初心者にはわかりませんよね。そこで私が調べた中でも競馬予想サイトの評価が一般投稿で書かれているサイトを発見したのでご紹介いたします。

競馬G1「ヴィクトリアマイル(5月)」の全容

競馬予想G1「ヴィクトリアマイル(5月)」の全容

ヴィクトリアマイルは、東京競馬場で毎年5月に開催されるJRAのG1です。
1着賞金は9,300万円で、競走条件は東京競馬場の芝1600m、出走馬は4歳以上の牝馬に限定されいてます。

日本中央競馬会所属の馬だけでなく、指定競走で2着以内、もしくは優勝した地方競馬所属馬も出走可能です。
また、外国調教馬も最大9頭まで出走可能で、ヴィクトリアマイルには優先的に出走することできます。

ヴィクトリアマイルはJRAのG1としては比較的新しく、創設年は2006年です。
JRAがヴィクトリアマイルを創設した理由は、秋にはエリザベス女王杯がありましたが、春の牝馬チャンピオンを決めるレースが整備されていなかったからです。

そのため、春の牝馬チャンピオンを決めるレースとして、東京競馬場の芝1600mを舞台とするヴィクトリアマイルが創設されました。

春に牝馬ナンバーワンを決めるG1が創設されたことから、春の大目標をヴィクトリアマイルに定める日本中央競馬会に所属する牝馬が多くなりました。
そのため、毎年ヴィクトリアマイルには有力な古馬牝馬が集まるようになり、レースのレベルは高くなっています。

予想をするときのポイントは、東京競馬場の芝1600mという競走条件とローテーションです。
中距離以上を主戦場にしていた牝馬と、マイル以下の舞台で活躍していた牝馬が激突するG1なので、距離適正を考えるのは予想時に重要なポイントです。
また、ドバイのG1を使ってヴィクトリアマイルに挑む馬も多く、海外遠征後の疲れなども考慮しなければいけません。

単純に強い牝馬が勝つとは限らないG1なので、大万馬券が出たこともありました。
予想をするファンにとっては、難しいG1と言えるでしょう。

競馬G1「NHKマイルカップ(5月)」の全容

競馬予想G1「NHKマイルカップ(5月)」の全容

NHKマイルカップは、5月にJRAの東京競馬場で施行されている競馬のG1です。
創設年は1996年、1着賞金は9,500万円となっています。
創設年の1996年からG1ではあるものの、NHKマイルカップの競走条件は数回変更されています。

現在の競走条件は東京競馬場の芝1600m、出走可能なのは日本中央競馬会に所属する3歳馬、指定されたJRAのステップ競走で特定の着順以上の地方競馬所属馬にも、NHKマイルカップの出走権は与えられます。

また、外国調教馬にも出走権は与えられていて、最大9頭まで優先的に出走可能です。
ただし、出走資格を満たしてても、去勢したせん馬は出走することはできません。
NHKマイルカップの出走資格があるのは、3歳の牡馬・牝馬のみです。
競馬の予想としては、NHKマイルカップは難しいレースです。

創設当初は外国産馬強く、創設年の1996年から2001年までは連続で勝利しました。
そのため、外国産馬を中心に予想をしていれば、比較的的中しやすいG1でした。
しかし、その後は外国産馬は不振に陥り、内国産馬が強さを見せつけています。

また、思い掛けない人気薄が好走するのもNHKマイルカップの特徴で、かつてはブービー人気馬が勝利したこともありました。

二桁人気の馬が当たり前のように穴を開けるレースなので、NHKマイルカップは荒れるG1とも言われています。

競馬で穴予想ばかりする人には、魅力的なレースと言えるでしょう。
人気薄が当たり前のように激走するレースなので、予想をするときにもその点に注意しなければいけません。

前走着順や前評判に惑わされずに、出走馬の適正や展開などを見極めるのが予想のポイントです。

競馬G1「フェブラリーステークス(2月)」の全容

競馬予想G1「フェブラリーステークス(2月)」の全容

日本中央競馬会(JRA)では現在、1年間に22のG1競走を開催していますが、そのトップバッターを飾る競走が毎年2月に東京競馬場のダート1600mのコースをつかって開催されるフェブラリーステークスです。

フェブラリーステークスの創設年は1984年で、サラブレッド系4歳以上かつオープンクラスの馬が出走できるという競走条件はこの当時から変化はないものの、当時はG1競走ではなくG3のハンデキャップ競走で、レース名もフェブラリーハンデキャップとなっていました。実は、1984年にJRAが中央競馬にグレード制を導入するまで、ダート競走に重賞競走はひとつも存在していませんでした。このため、フェブラリーステークスが中央競馬がダートコースをつかって行う初の重賞競走であり、最も歴史のあるダート重賞競走ということになります。

フェブラリーハンデキャップとして始まった本競走は、1994年にG2に格上げされ、別定重量戦に変更されるとともにレース名も現在の名称となりました。G1競走となったのは1997年で、昇格とともに負担重量も定量となりました。現在は馬齢に関係なく牡馬は57kg、牝馬は55kgを背負ってレースに臨むことになります。1着賞金は9,700万円で、これは中央競馬で開催されるダート競走の中では最高額となっています。

フェブラリーステークスの予想をする場合は、このレースの1~2ヶ月程度前に開催される重賞競走の結果が参考になります。フェブラリーステークスに出走する馬の多くは、JRA開催のレースであれば優勝馬に優先出走権があたえられる根岸ステークスや東海ステークスに、地方競馬であれば前年の年末に大井競馬場で開催される東京大賞典や、年明けに川崎競馬場で開催される川崎記念などに出走する傾向にあります。