競馬G1「優駿牝馬(オークス)(5月)」の全容

競馬予想G1「優駿牝馬(オークス)(5月)」の全容

優駿牝馬(オークス)とは、日本中央競馬会(以下、JRA)において最も権威のあるクラシック競走の一つであるG1競走です。毎年5月の最終週に開催される日本ダービーの前週に、東京競馬場の芝コース2400メートル、負担重量55キロで施行されており、その優勝賞金は1億円です。

競走条件はサラブレット系3歳牝馬の競走馬のみが出走でき、外国調教馬であっても9頭を限度に優先出走する事ができるほか、地方競馬所属の競走馬も桜花賞、フローラステークス、スイートピーステークスにおいて、それぞれ4着、3着、2着以内、あるいはNHKマイルカップで2着以内、JRAの芝の重賞競走で1着となった競走馬が出走権が与えられます。

創設年は1938年で、英国のオークスに倣って3歳牝馬限定の阪神優駿牝馬として施行されました。同年には英国のセントレジャーに倣って創設された菊花賞が、翌春には英国の2000ギニーと1000ギニーに倣って創設された皐月賞と桜花賞が創設され、1932年に英国のダービーに倣って創設された東京優駿(日本ダービー)を含めて、5つのクラシックレースとなりました。

創設から5年経った1943年から距離が2400メートルに固定され、さらに翌年から東京競馬場での施行されるようになり現在に至ります。また、2010年の同競走では、JRAのG1において史上初となる1着同着(アパパネおよびサンテミリオン)という結果となった事でも有名です。

レースの予想をする上で最も困難なポイントが適性距離の見極めです。牡馬クラシックとは異なり、牝馬クラシック第一弾の桜花賞から800メートルも距離が伸びる事から、後の牝馬クラシック3冠馬や他のG1を複数回優勝し年度代表馬となる競走馬を除けば桜花賞で優勝した競走馬の成績は芳しくありません。

競馬予想で初心者が気をつけるべきこと-

競馬予想を行う上で様々な情報が要となってきます。特に初心者で陥りやすいのが山勘で馬券購入してしまうこと。それをするなら競馬予想サイトの無料情報を使った方がまだ稼げます。しかし、どの競馬予想サイトがいいのか初心者にはわかりませんよね。そこで私が調べた中でも競馬予想サイトの評価が一般投稿で書かれているサイトを発見したのでご紹介いたします。