競馬G1「皐月賞(4月)」の全容

競馬予想G1「皐月賞(4月)」の全容

皐月賞はJRA(日本中央競馬会)主催による3歳馬限定のG1レースで、毎年4月の中山競馬場最終週に開催されます。3歳牡馬クラシック戦線の第一弾という意味合いがありますが、早い時期に行われるため完成度が重要になることから、「皐月賞は速い馬が勝つ」とも言われています。

創設年は1939年で、当初は横浜農林省賞典四歳呼馬として横浜競馬場の芝1850メートルで実施されていました。その後は舞台を東京競馬場に移し、1950年以降は現在と同じ競走条件である中山競馬場芝2000メートルで開催されるようになっています。

旧八大競走の一つとして1984年のグレード制導入の際にG1に格付けされ、2002年以降は限定的ですが外国調教馬の出走も可能となりました。優れた繁殖馬を選出するという観点から出走資格は3歳の牡馬と牝馬に限られ、騙馬の出走は認められていません。負担重量は牡馬が57kg、牝馬が55kg、1着賞金は1億円に設定されています。

出走登録馬の優先順位は収得賞金順となりますが、トライアルレースに指定されている弥生賞とスプリングステークスの3着以内と、若葉ステークス2着以内の馬には、収得賞金に関係無く優先的に出走権が与えられます。

予想の際には、芝の状態を重視する必要があります。皐月賞は中山競馬場4月開催の最終週に実施されるため、かつては芝の状態が悪い中でのレースとなることが多く、先行馬には厳しいレースとなり小回りの割に差し馬の台頭が良く見られました。

近年は芝の状態が良いため、先行馬が以前より残りやすくなっていますが、エアレーション作業の影響により差し届きやすい馬場となることもあるため、当日の馬場状態を備に観察することが必須となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です