競馬G1「桜花賞(4月)」の全容

競馬予想G1「桜花賞(4月)」の全容

桜花賞とは日本中央競馬会(以下、JRA)のG1競走で、牝馬クラシックの第一弾として毎年4月に阪神競馬場の芝コース1600メートル、1着賞金9200万円で施行されています。

競走条件はサラブレット系3歳牝馬のみで、外国調教馬には優先出走があり、地方競馬所属馬はトライアルレースであるチューリップ賞またはフィリーズレビュー(いずれも3着以内)、アネモネステークス(2着以内)で一定の成績を収めるほか、阪神ジュベナイルフィリーズまたは朝日杯フューチュリティステークス、あるいはJRAの芝の重賞競走で優勝した場合に出走権が与えられます。

創設年は1939年であり、英国の2000ギニーを手本として創設された皐月賞とともに、英国の1000ギニーを手本として創設されました。前年の秋には英国のセントレジャーを手本とした菊花賞、英国のオークスを手本とした優駿牝馬(オークス)が創設されており、東京優駿(日本ダービー)と合わせて5大クラシックとして現在に至るまでJRAにおいて最も権威のある競走となっています。

創設時は中山四歳牝馬特別という名称および中山競馬場1800メートルで施行されていましたが、太平洋戦争の影響で中止となり再開された1947年から桜花賞の名称および京都競馬場1600メートルに変更、さらに1950年に阪神競馬場1600メートルに変更され現在に至ります。

前年末に同じコース、同じ距離で阪神ジュベナイルフィリーズが施行されていますが、レースの予想では直結する事は多くなく、トライアルレースであるチューリップ賞で好成績を残した競走馬が優勝する傾向があります。

また、桜花賞本来の目的であるスピードのある牝馬の選定が重視されることから、短距離に強い競走馬が結果を残しやすく、オークスなど中長距離向きの競走馬は苦戦を強いられている事が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です